2018.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018.06.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--)
【買】Dr.ハウシュカ リバイタルパッククリーム
ハウシュカのリバイタルパッククリームの感想を書いてみます。
断続的に6年ぐらい使ってます。
Dr.ハウシュカ リバイタルパッククリーム >>

保湿クリームや洗い流し不要のパックにも使えるクリームです。
緑がかった白色のゆるいクリーム。油分はほとんど感じません。
香りは草っぽいローズ。強く香らないので使いやすいと思います。

リバイタルパッククリーム

近年はパックとして使っていて、これ単品使いです。
(洗顔後いきなり塗布して終了/自己流です...^^;)
コンディションが良いときは吸収のスピードはゆったりめ。
逆に荒れているときやカサカサのときはどんどん入ります。
この違いもなかなか面白かったりします。

最終的にほとんど肌に吸収するんだけど、
表面に薄~い膜ができて、外的刺激や乾燥から保護してくれます。

膜といってもポリマー系の膜ではなくて、とても不思議な感覚です。
ほっとするような、やさしくて薄い膜感と言えばいいのかなあ...。
キメを整えて見せたり、水分蒸発を防ぐようなポリマーの膜感ではなくて、
あくまでも穏やかでやさしい。

炎症や赤みをおさえる効果と、くすみ抜けに心強いアイテム。
経時とともに肌が落ち着いて、内側からふっくら。肌色も整います。
(夜たっぷり付けて寝て、朝起きるとわかりやすいかも)
荒れたときのレスキューケアにも使ってます。

反面、ケミカルなスキンケアがメインのときにいきなり使うと、
非常に物足りないと思います。
特に保湿力...。
塗っても塗ってもうるおわなくて、コスパがめちゃくちゃ悪い^^;
上から別のクリームを重ねるか、オイルと混ぜると良いかも知れません。

近年活躍してるパターンが3つあって、1つは超ずぼらケア。
体調が悪かったり、疲れて何もしたくない日は
クレンジング→これをたっぷり塗っておけば何とかなります^^;

もう1つは肌を鍛えるような、肌断食的な使い方。
バリバリケミカルのアンチエイジングケアだらけのときにあえて単品使いして、
怠けた肌を鍛えて肌の自活力を引き出す・・・みたいなイメージ。
(2~3日連続で使うことが多い)
つっぱったりごわつきが気になることが多いけど、
肌断食同様、我慢した分だけ今までのスキンケアの効きが良くなるような気がします。

3つ目は帰宅してクレンジングしてから入浴までの“つなぎ役”。
以前はオイルと併用しないと乾いて仕方なかったけど、
最近はこれ単品で持つようになりました。
モチモチするし、毛穴をふさぐ心配がなくて気に入ってます。

それから、ケミカルからノンケミ(オーガニックやノンオイル派)への移行期間にも
おすすめしたいです。精神的にも随分助けられると思います^^
(どんどん干乾びてキメがボロボロになってリタイアしそう...みたいなときに助けられると思う)
(まずはファンデと下地をノンケミに近いものに変えて、クレンジングを軽くしてから少しずつスキンケアを変えた方が、リスク軽減できると思う。いきなり脱ケミは若くないと大変...^^;)
Dr.ハウシュカ リバイタルパッククリーム >>


↓クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 通販ブログへ
スポンサーサイト
2009.02.18 (Wed)
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
サンプル・イベント・モニターならBloMotion
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。